社会福祉士とは

社会福祉士は、昭和62年5月の第108回国会において制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置づけられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。
身体や精神の障がいあるいは環境上の理由などにより日常生活を営むことに支障がある人の福祉に関する相談援助を行う専門職の国家資格です。いわゆるソーシャルワーカーの資格の一つです。

社会福祉士の活躍する職場は、地域包括支援センター、在宅介護支援センター、各種社会福祉施設、介護老人保健施設、病院、社会福祉協議会、福祉事務所・身体障害者更生相談所・児童相談所その他行政機関など多岐にわたっています。

福祉施設では「生活相談員」「生活支援員」「児童指導員」などと呼ばれる支援員関係、児童福祉司・身体障害者福祉司など公務員、社会福祉協議会の福祉活動専門員、地域包括支援センターのソーシャルワーカー職、介護老人保健施設の支援相談員、病院等の医療相談員などがあげられます。

社会福祉士資格は国家資格ですが、医師や弁護士のように「業務独占」の資格でなく、「名称独占」の資格です。
「名称独占」とは、資格をもたない者が、「社会福祉士」という名称を勝手に使用してはならないということで、社会福祉士資格を持っていなければ、上記の業務に従事してはいけないということはありません。

社会福祉士資格をもっていることは、専門職としての水準の高さを表すものであり、今後有資格者が増加すれば、将来的に実質的な業務独占状態になることが考えられます。

受験資格は、福祉系の大学で指定科目を履修するか、一般大学卒業後、もしくは実務経験4年以上で、厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業すると与えられます。

※[社会福祉士国家試験]受験資格(資格取得ルート図)(外部リンク)

 

社会福祉士会とは

社会福祉士会とは、社会福祉の援助を必要とする人々の権利を擁護するために、研修等を通じて社会福祉士の専門性を高め、また社会福祉に関する知識の普及・啓発を行う専門職団体です。

群馬県社会福祉士会は平成4年5月16日に、全国で3つ目の都道府県社会福祉士会として、県内の社会福祉士18名によって設立されました。

群馬県社会福祉士会 パンフレット(PDF

ページの先頭に戻る